月の観測の原理についてYouTube投稿しました。

何故月は平面大地を周回して下向きの平面ホログラムなのに、何処でも正面を向いて観測されるか、また、球体でしか考えられない様な観測がされているのはどうしてかというものの解説です。

実際の月の観測は、どう見ても球体ならではの観測で、平面大地では起こり得ない現象だと、シンプルに考えてしまえばそう考えられがちなのですが、しっかりと空の湾曲の原理を理解すると、簡単なてじなの様な現象によって、「球体世界の様に」観測されている事が分かります。

空は、高く、そして広い、その事から奥行きの縮小や、それに伴う空の仮装ドーム化現象によって、見える光は屈折しております。

様々な物理変化の法則が絡み合って、平面のホログラムが、まるで球体世界の現象であるかの様な振る舞いをなしているのです。


コメントを残す