今回は、平面モデルでの日食の原理を、シミュレーターを使用して簡単に解説した動画をアップ致しました。

太陽と月の軌道のずれによって、それらが重なるタイミングがあり、文字通り、重なった時に日食が起こっています。

太陽や月のホログラムの原理については、まだ解明していないのですが、神の技を人が理解する時が来るのか疑問です。

実際には、太陽や月はプラズマで作られている事は明らかになっているものの、それを人工的に作る事には成功していない様です。(静岡大学教授 平岸博士の講義による)

平面モデルはまだ未解明な部分は多いのですが、その機能や原理を紐解いて行く事で、誰かが意図的に、高い知性を持って設計した事が分かります。


コメントを残す