本日、聖書の「平ら」という記述とフラットアースを現代に照らし合わせて考察したものをYouTubeにアップしました。

聖書の中には「平ら」という言葉が多く使わらており、それの指し示す意味はというと、どれも平安や、事の改善を意味しております。

また、これを現代のフラットアースの平らという物に置き換えてみても、今まで球体と嘘をつかれて洗脳されて来た人生に、突如真実の形状を表す情報が現れる様になり、国家の嘘、それに付随する沢山の欺きに気がつく様になる人の増加が後を断ちません。

そこからどんどん真実の方へ進むにつれて、この世界の成り立ちや支配の構造、この世界の創造主にまで辿り着く事が出来ます。

大地が平らだというたった1つの真実に触れる事で、それ以上の多くの真実を知り、神に触れ救いの道を指し示される様な現象が起きている実態を考えても、聖書の平らという記述が表す意味の通りの事が起きていると見解に達する事が出来ます。

しかし一方で、どうしても大地が平だという事実に辿り着けない人が多いという実態もあるわけですが、これに関しては、計算上大地は平らなのにも関わらず、その計算式やロジック、視覚的論証を見てもふに落とせないという現象をみて考えると、通常では考えられない事が起きていると実感します。

何故なら通常の計算の理論や簡単なロジックが理解出来ないとなると、脳の思考で起きるはずの現象がその人の中では起きない、つまり、通常であれば計算上大地は平らなのにも関わらず、球体だと言い張り、尚且つその様な人達の特徴として非常に攻撃的な人が多いという事から、救いの道に進む人は限定的なのかもしれないという事まで考えさせられます。

その事からもやはりフラットアースに触れた人は神の道標の上にいる、その様な事も推察出来るわけです。

その詳細についての動画は以下になります。


コメントを残す