私は時に異常者と呼ばれる事があるが、バロック時代の芸術科の性格に比べれば、骨抜きのひつじの様だ。

昔の芸術家というのは性格が過激な人が多いらしく、また、大人しくても変態が多かった様だ。

近親相姦、近親恋愛、同性愛、同性小児性愛者なんてものは日常茶飯事。

また、これは羨ましい限りだが、当時は大麻も規制がゆるくて、シラフでなんか作曲しなかっただろう。

シラフでの発想なんてのは、キマってる時の発想には及ばない。

話がそれたが、昔の異常性に比べれば、私なんてのは小声で話す少女くらい、印象の薄い者だ。


コメントを残す