キャバ嬢との会話に真実が入っているという希望を持つ者は愚か過ぎる。

その希望は、この世で最も愚かな希望であり、最も可能性の低い期待である。

キャバ嬢は、自分に興味が薄く、尚且つ金のある男よりも、無い男の方が好きなのだ。


コメントを残す