私は知らなくても、私に対抗すべく、頭の中に常に私を置いている者がいる。

いわゆる執着や嫉妬である。

だが私は知りもしない。

その者は私によって不幸になっている。

その者の人生、いや、なんと無様な人生か。


コメントを残す