Twitterやインスタ、その他ネット上のフラットアースや宇宙が存在しないという類の情報が「めちゃくちゃ増えた」。

特にそれはTwitter内で顕著に現れているのかもしれない。

YouTubeのフラットアース系動画への流入のトップがTwitterになった。

以前はGoogleサーチによって入ってきてたのだが、昨日か一昨日、ついにTwitterがトップになった。

それに、コロナが設定であるという事にもいい加減気づき始めた人も増えた様で、これも見てみるとTwitterではかなりたくさんの人が「コロナは茶番」と言っている。

しかし、その様にネット上では情報が広がっているものの、やはり一歩外に出るとマスクをしている人が多いのが実態である。

ネットでこれだけ情報が行き届いていると思えても実社会との差は一目瞭然である。

意外と、ネットなんてのはそんな物なんだろう。

ネットの情報なんて世間の1/1,000くらいなものか。


コメントを残す