クラリオン星人設定のそうたくんという子供が最近とてもめんどくさそうに話すようになった。

それもそうだ、視聴者の大人は質問してばかり、自分の答えや推察もなく、ただただ臆病を極めた質問しかしないのだ。

彼らは詐欺師だが、視聴者も視聴者である。

世間の人は、自分の推察や結論を持たないのにも関わらず、他人の事にはぐちぐち言うものだ。

自分の確たる論理もないくせに、文句だけは一丁前なのは実に無様である。

だがその様な者達に正論を説き伏せたとしても理解する知恵すら持ち合わせていない。

永遠にその様な状態で居続けるのだ。


コメントを残す